3月度例祭

桜の花の開花が始まり、何時もなら喜ばしい、楽しい季節ですが、今年は新型コロナウィルスの影響でお花見はおろか、外出も儘ならない春となりました。

皆様が自粛モードになられる中、当山3月度例祭をどうするものかと思案致しましたが、こんな時だからこそ祈りを❗️と言うことで院主が昔に伝授して貰っていた疫病退散に功験の有る『摩怛利神供』を修法していただき、皆で疫病鎮静祈願会をさせて戴きました。

今回の法要に際し、院主は急遽必要な曼荼羅を書き上げてくれました。まさか、この法を修法する事になるとは(>_<)と言いながら …

世の中自粛モードの中、コロナウィルス鎮静化を祈ろうと沢山の方にお参り戴きました。勿論、入り口での消毒、そしてマスクを用意させて戴き、窓は開け換気をしながらの修法となりました。

修法の途中で参拝者の皆様にもお経を唱えて戴き、五色の紐を結んで戴くお作法にご協力戴きました。こちらは疫病除けの御守りとして参拝者の方にお持ち帰り戴きました(^-^)

当日は院主の師僧でも有ります金峯山寺の田中利典長臈にもご参拝戴き、更に力強い祈りの力を戴きました。そして、感染しないことは勿論大切だけれど、自分本意にならず、祈る事で他人への思いやりを持つことが今は大事だ❗️と言うお言葉も頂戴しました。

世の中が不安になっている時こそ祈る‼️そして、この祈りが届き、少しでも早くコロナウィルスが鎮静しますように。そして、平和な世の中に戻ります様に…私達も感染拡大しない様に、そして不要な外出や買い物はしない等で終息を待ちましょう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

おすすめ記事

最新記事