施餓鬼法要

梅の花もそろそろ終わりを迎え、桜の花の開花が待ち遠しい季節となりました。3月は旅立ちの季節。色々な卒業式等を迎えた皆様おめでとうございます。

さて、慈唱院では雷雨となった17日に『施餓鬼法要』並び『彼岸廻向法要』を執行させていただきました。

前日には講員さんや子供達にもお手伝い戴き準備をさせていただきました。

当日は先ず『甘露門法』にて施餓鬼法要を修法させていただきました。参拝者の皆様に施餓鬼旗へお水を献じて餓鬼への供養をさせていただき、お導師が法を説き餓鬼の苦しみから解かれるように修法してくれました。その後、『常行三昧法』例時作法で塔婆供養・廻向法要をさせていただきました。法要終了後はお釈迦様の御弟子さんの話を交えて施餓鬼の意味やどうして餓鬼を供養するのか?また人は唯一六道を生きながら経験できるので色々な事が有るけれど今を大事に生きる事の大切さ等とても分かりやすくお説法をしていただいて法要を終わらせていただきました。明日はお彼岸の中日です。普段は行けないお墓参りやお仏壇にお参りしご先祖様に日々の感謝を是非お伝えください。そして家族団らんの楽しい時間をお過ごしください❗私もお参りに行ってきます(^-^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

おすすめ記事

最新記事